都会の100均より近所の100均の方が欲しいものが売ってた・・・田舎には田舎の需要がある。

都会の100均より近所の100均の方が欲しいものが売ってた・・・田舎には田舎の需要がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こないだ、ちょっと街の方へ出かけたのです。

そこに大きいダイソーがあったので、子供の上履きを洗うようなタワシを買いに行ったところ。

ない。  いんだ。

タワシみたいなものは15種類くらいあって、キッチン用とか掃除用とか色々あるのに、上履き洗いに適したヤツがとにかくない。

「上履き洗いってそんなにレアなん?」とか思いながら8分ほどさまよった挙句、

結局なかった。チーン


翌日。

家から約2キロのところにある超こじんまりした100均にダメ元で行ってみると・・・


あるじゃない♡

あったのよーーー

パール椰子タワシ2  本  組が!!

都会の役立たずぅ!!

そしてわたしは思った。

〜今後100均は、家の近くのところしか行くまい〜

終わり。

・・・では明らかに手抜きなので、一応補足すると、買い物ってその地域で大体の需要は満たしてくれているって話をします。

(※全て思いつきによる)

物欲にまみれた都会脳を捨てるんだ!

都会から田舎に引っ越したら買い物が不便って思うかもしれませんが、本当に必要なものなんてあんまりないんです、実際問題。

だってそこに住んでる人はそこで生活できているし、おじいちゃんおばあちゃんとかは遠出せずに地元だけでやっているはずですが普通に暮らしていますよ、実際問題。

田舎暮らしはお金がかからないというのが最大の利点。not消費しまくりんぐ

【物欲にまみれた都会生活の例】

  1. バイトの帰りに西武新宿駅のサンマルクでアイスコーヒーをなんの気なく買う
  2. 暇があれば吉祥寺PARCOをウロウロしてビレッジバンガードでしょうもない自己啓発本を立ち読みその場の空気に流されてついでに買う(どんな空気だ)
  3. 雑誌、電車の中、学校、その他あらゆる場所におしゃれな人がいて刺激を受けるので自分も知らず知らずのうちにお洒落にお金をかけてしまう

これが毎日!たかがアイスコーヒー200円と思っても毎日買ったら一ヶ月6000円!スニーカー買えるくらいの金額になっちゃうわけでして、これこそが都会のワナ。
 だいたい田舎だとコンビニいくにもいちいち車停めなきゃいけないからめんどくさくてあんまり行かないけど、新宿歩いててコンビニあったらフラッと立ち寄っちゃったりするじゃないですか。そしていらんもん買う。

へんこは今都会に住んだら、無駄遣いで月に5万円消費できる自信があります。

「へんこの金遣いのヤバさ2007年版」から引用すると(※1)、

へんこは給料日前になると、毎日昼ごはんはコンビニのロシアパン1つもしくは、はなまるうどんかけ(小)(当時105円)でしのいでいた。

コンビニのおにぎり100円をクレジットで買うようになるともう末期。

へんこはタウンワークで必死に日雇いのバイトを見つけ、その日ぐらしのへんこちゃんなる日々を約2年間のあいだ継続させていたのである。

とあるように、私はお金はなくなるまで使ってしまうたちのダメなやつなのである。

そしてお金がなくなってからでないと働かないという。

それでいてヘラヘラしている。(そこは関係ないよ)

とにかく都会では気づかないうちに財布からお金がバンバン消えてゆくのです。

(※1)

そんな書物は存在しません。

家の近くだけでも生活自体はなんとかなる

うちの例で言ったら、スーパーとかホームセンターとか町の電気屋さんみたいなのが5キロ圏内にあるので、その中で十分事足りてしまうということに最近気がつきました。

前までは10キロくらいなら余裕で車走らせて大きめのドラッグストアにしょっちゅう行ってたんですが、そこでの余計な買い物がすっごく多くて、オムツくらいしか買うものがなくても他の余計なものまで買ってしまっていたんですよね・・・半額ベーコンとか、箱入りアイスとか。

家電も安いからって50キロくらい車で走って買いに行っても、遠出したついでに外食したり、ガソリン代、移動時間のこと、購入後の商品サポートのことを考えると、結局近場で買った方が安くつくという。

だから最近は、少々高くても家の近くで地域密着な感じで買い物するようにするようになりました。

その方が知り合いも増えるし、その地で暮らして行くにはやりやすいんですよね。

これなら余計なお金は使わなくて済むし、都会の時みたいに見たら欲しくなるっていうのもないので、田舎は不便だけど物欲を捨てれば逆にお金はかからないし心もラクっちゅうことです。

車もしかり

田舎では車は1人1台って言いますが、これは必須ってわけではなく一家に一台あればなんとかやっていけます。

逆に2台あると、買い物とか必要ないのに毎日行ってしまったり、車で行かなくていいような距離でも車で行ってしまって運動不足になったり、いいことねえなって車を2台持つようになって思うようになったへんこです。

光熱費とかは節約しようって思うんですが、ガソリンって案外消費してる感じがあんまりなくてつい無駄使いしてしまうんですよね。

あと実際、一家に1台の方が家族が協力しあってて仲がいい感じがします。

旦那さんを毎日車で会社に送るとかそういうことがあると、家族のコミュニケーションが密になって団結力が高まるような。

田舎では車に一番お金がかかるので、ここさえ抑えれば、へんこの実体験によると家族で12万円の収入でもなんとかやっていけるんですよ〜。

問題は金額

とはいえ、田舎では殿様商売がまかり通っているのでやっぱりなんでも高いです。

中古車とか大きいものから、写真の現像代のような小さいものまで。

写真の現像代、へんこが住んでるとこの写真屋さんでは1枚50円なんですが、広島からUターンしてきた人の話によれば広島では1枚20円だったらしく、こっちは高くてびっくりしたとか。

田舎での商売がそれでもやっていけてるのは、年金ウハウハのおじいちゃんおばあちゃん達がいるおかげ・・・

せっかく田舎に引っ越したなら、周りを見渡そう

というわけで、田舎ではちょっと高くても地域の需要は必要最低限その地域の中で満たせるようになっています。

都会から田舎に来ると、つい休みの日に都会に出てまとめ買いしたりインターネット乱用したりしたくなりますが、案外家の前の薬局に今まさに欲しいものがひょっこり売ってたり。

美容院も案外安くやってくれるところがあったり。(うちの近くに2500円でカットしてくれるおしゃれな美容院があります。)

せっかく田舎に引っ越すのであれば、不便さも謳歌して、その場にあるものだけでやっていくというのも楽しいのかなって思っています。

 ひまだから遠出したくなるときもあるんですが、へんこはやがてそれもめんどくさくなったのでした。
とにかく、田舎はお金を使わなくていいということ含め、もう東京には戻れない・・・

でも、うわばき洗うヤツは別に都会とか田舎とか関係ねーよな。都会の小学生もうわばき洗うよな。

だとするとこの記事はなんなのか。

思い付きで文章をかくとこういうことになります・・・・・・ちゃお!(逃亡)

カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする