【三重県熊野市】に移住したすぎる!子育て世代は特に注目ぅ〜【支援充実】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うをおおおおおおおおおおおおおおおおおお激アツすぎていきたいところナンバーワン、三重県熊野市。(2017年10月16日14時10分現在)

《注記》へんこの特性:気が変わりやすい

とりあえず今もうれつに熊野市に惚れたので勢いに任せてその素晴らしさを書いてみる。

大豆を煮ているこの2時間のあいだに書くんだ!いけ!

sponsored link

三重県熊野市は自然が素晴らしい

自然好きというと海派とか山派とかよくききますが、熊野市はどっち派でも関係ねえ♡

山あり、海あり、川ありで、しかも住む場所も山の中の集落、海の近く、便利な街中と選べるわけです。そのどれを取ってもきっと素晴らしい田舎ライフが送れるんだろうな〜と、インターネット越しから眺めただけで安易に想像できるこの感じ。

というか景色が良すぎるーーーー!ぜったい気持ち良さそう。空気が澄んでる感じがどの写真をみても伝わってくる。

しかも世界遺産が5こあるとかなんなの。でもそれも納得、やっぱ素晴らしい場所なんだよ絶対。早くいきたいYOYOYOYOYOYOYOYO

子育て支援も充実しまくり

そもそもなんで熊野市に行き着いたのかというと、子育て真っ只中のへんこは常に最良の子育てスポットを探している。

それで子育て支援がいいとこはないかな〜と探していた結果、熊野市を見つけたに至るんですが、なんか子育て支援も全国トップレベルなのではないかと思えるくらい充実してました。

出産祝い:地元で使える商品券10万円分

レインボー商品券なるものがあるらしく、加盟店で使えるみたいです。

10万円♡現金で支給されたらパーっとなくなってしまいそうだけど商品券なら食費2ヶ月分くらいな感じで家計に優しいって感じです。

3歳以上の保育料無料

3歳以上というか、いわゆる年小さんから保育料が無料です。確認してませんが給食費のことは書いてないので実費になるのかなあと思います。今度確認してみる。ふふ

高校3年生まで医療費無料

なんか色々調べてると、中学校3年生まで医療費無料なんて自治体はたくさんあるんですよね。東京もほとんどが中学校までは無料ですもんね〜。

なのでこれからは高校3年まで医療費無料ってところにすげーーって思うことにします。

というわけで熊野市は18歳まで医療費無料です、すげー♪

小・中・高はスクールバスが出ている

私いつも空き家とか住むところを探す時とかに重視するのが、小学校が近いことなんですよ。田舎って小学校まで歩いて2キロとかは本当に普通なので、遠いとちょっと心配だし、さらに遠いと毎日車で送り迎えとかになって結構負担になりますよね。

でも小学校の近くの物件なんてたまにしかないしその物件を気に入るとも限らないし、難しいなあと思ってたんです。そもそもへんこは街中で車の通りが多かったり道が狭かったり家同士が隣接しているのが嫌なので、より田舎ちっくな場所に住みたいと常日頃思っているので。

そこにスクールバスがあるとなったらもう何も迷うことはないじゃないか♡

熊野市に移住しないにしても、今度引っ越すときはスクールバスがある場所にすると決めた!

これはかなり、いい!

小中学校の給食費が安い

給食費の助成が1日あたり150円出るので、私たちの負担は1日100円程度になるとのこと。1ヶ月2000円くらいか。安いですね〜!

その他

  • 任意の予防接種が無料
  • チャイルドシート購入の助成あり
  • ファミリーサポートセンターや学童保育もあり
  • 子育て支援センターがある

あと思ったのが、保育所とか小学校中学校の数が多い。人口2万人弱くらいらしいですが、そんなに子供がいるのかなあ?

でもこんだけあったら待機児童とかいなそうな印象です。その辺はまだ確認してないのでまたわかったら追記しま〜す。

とにかく子育て支援充実しまくりですね♡子育て支援がなくても魅力ある町ですが、これは人気どんどん出ちゃうんじゃないかな〜と思います。

空き家も次々紹介されていて状態も良くて安いものも結構ありましたよん。

熊野市に住みたいけど、問題あり

というわけでへんこちゃん興奮中♡

ただ一つ問題点が……地震&津波。

南海トラフ地震の危険性が声高に叫ばれている昨今、わざわざ危険そうな場所に行くのもどうかと思ってしまう私がいる。だって私は母だから。

子供が3人いて、もし地震があった時みんなバラバラの場所にいたら……

勝手な興奮により家族を危険に巻き込むことはしたくないのです。

かといって島根が絶対安全だという保証はどこにもないわけですが、なんか島根って秘境な感じがして気に入ってもいるので、どうしようかな〜って感じです。

とりあえず他の場所もいろいろ調べて全部いって見てから決めることには変わりないので急がず焦らず。

スクールバス必須。

sponsored link
カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする