しまね情報

【美又温泉】子連れで泉質日本一の美人湯にいってきたの巻

最近、朝晩さむい日がありますねえ。

私が住んでいる島根県山間部では9月も後半にさしかかると普通に寒い日があり、残暑と冬季うつのはざまをエンジョイしているこの頃です。

 

というわけで、寒い日は温泉!冬季うつには温泉!ということで、美又温泉に行って来ました!

自称・泉質日本一の美人湯

地元感はんぱないこのたたずまい。この美又温泉会館というところは元湯(源泉)で地元の人が多く利用している場所なのです。

入浴料金250円と安さも魅力。しかも月間パスは1800円とこれまたリーズナブルなので地元の人は家のお風呂ではなく毎日入りに来ている人もいるほど。

 

なぜこんなことを知っているかというと、へんこも数年前は毎日入りに来ていたからなのでした。

 

 

出典:http://www.all-iwami.com/

 

ということでこの美又温泉ちょっと地味ですが、お湯がめちゃくちゃいいんです!!!

美又温泉の特徴

  1. お湯がとろとろ、ぬるぬる
  2. 無色透明
  3. アルカリ性
  4. すぐに身体があたたまってしかもぽかぽかが長続き!!!

特に強調したいのは1と4。

まずお湯がぬるっとしていて、油断していたらつるっとすべって頭ゴッチンなので気を付けましょう。ほんとに滑るので、子供さんや妊婦さんは特に注意です。

 

かくいう私もニンプの頃あやうくこけそうになったことがあるので危なさはお墨付き。

 

そしてとにかく、お風呂がほんとによくあたたまるのです!2分も入れば十分なくらいなので、時間がなくても行ってみる価値アリ。

むしろ間違って長風呂してしまうと湯あたりを起こしてしまいかねないので、始めてはいる場合は特に注意ですよ。

 

かれこれ全国のいろんな温泉に入ってきたへんこですが、温泉とは名前ばっかりで温泉まがいのものもたくさんありました。

でも美又温泉はホンモノです。この地味な温泉。泉質日本一は言い過ぎだとしても、美又温泉はホンモノだって思います。

もうこの近くには住んでいませんが、月に1800円で毎日入れるメリットだけでこの近くにまた住むのもアリかな~って思った2秒後→それはやっぱり無理。田舎過ぎてむりよ。という結末に至るのでした。

 

ちなみに宿泊施設のかめや旅館さんや、国民保養センターというところが至近距離にあってそちらも日帰り入浴できます。国民保養センターは入浴料は高くなりますがサウナなどもついて広いので観光客向けという感じです。

なんせ美又温泉会館は身体を洗うスペースが3か所しかありません。狭い。

地元の人のやさしさ、そしてふれあい

久々に美又温泉に行って気づいたこと、それは‥なんてったって地元の人のやさしさです。毎日通っていたころはまだ子供がいなかったので、ちょっとした会話くらいはしていましたがあまりなんとも思っていませんでした。

 

しかし今回は、小さい子供を2人連れてのやや無謀な挑戦。しかもなぜか上の子がめちゃくちゃ機嫌悪い‥。入る前から大泣きというかわいそうな展開に。(入らなければいいのにね、私‥といまさら思う。)

 

今回、知っている人はいなかったのですが、入るや否や泣きまくっている上の子に向かって「どうしたんかね?」「大丈夫、大丈夫」「椅子貸してあげようか?」と身体を洗いながら常に気にかけてくれる若そうに見える推定50代くらいのおばさま。

反対側に座っている推定70歳くらいのおばあちゃんは、下の子に話しかけまたしても椅子を貸してくれる‥そしてうかつにもシャンプーを忘れ(美又温泉にはシャンプーがないのです。ボディソープは有り)、湯シャンで済まそうと頭をジャージャー流していた私を何者かがトントンとたたくのでハッとみると、彼女が「これ使いんさい!」とメリットシャンプーレギュラー(200ml)をたてに振りまくって残り少ないのに全力で分けてくれたこと。一生忘れません。(門出の言葉風)

 

お湯に入るときも上の子が「やだ!絶対入らない!」などと騒ぎ立てるのにそのお二方ときたらまったく嫌な顔もせず、むしろ「(下の子を)抱っこしててあげようか?」などといろいろ気をつかっていただいてただただ感謝のバスタイムでした。

 

脱衣所にもこれから入ろうとする人が2人くらいいまして、「大変ねえ」とか「パンツおちたわよ」(わたしの。)などともうみんなが一丸となって子供を見てくれたので母としては本当に助かった次第でございます。

これだから田舎は隅におけねぇんだ。

 

しかも私が知っている限り、島根県西部(石見地方)の人々は本当に素敵な人が多いので、ああこんなところに来れてよかったなあ~としんみり。する暇はないですが、本当に来てよかった。出会えてよかった。生きててよかったよおおおお

あわせて読みたい
島根県石見地方の魅力をちょっとだけ紹介!でも大田市に移住はオススメではないよ。私へんこが住んでいる島根県の【石見地方】というのは、島根県西部のことです。 あまり注目されることはありませんが島根県東部(松江とか...

子連れでも田舎なら何とかなる

というわけで、子連れでも温泉は何とかなる、しかしゆっくりはできない。ということを実感したのですが、田舎は基本地域の人々みんなで子供を見てくれるところがある(という勝手な安心感)ので子育てには本当にいい場所です。

 

東京で満員電車に子供のせてぴゃーぴゃー子供が騒いだ日にゃあ、うるせーなーと言わんばかりの目で見られるのが目に浮かびます‥。

やっぱり都会で子育てはしんどよな‥。田舎に対するグチも多いへんこでありますが、子供のことを考えるとやっぱり田舎がいいなと思います。

 

話がずれましたが、美又温泉は泉質がとても良いので近くに来られた際にはぜひお立ち寄りくださいませ。

 

美又温泉会館

住 所 697‐0301

島根県浜田市金城町追原11

電話番号 0855‐42‐1686
営業時間 平日   8:00~21:30(最終受付21:00)

土日祝  6:00~21:30(最終受付21:00)

定休日 第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 10台