新しい土地に行くことを恐れない。移住したいと思ったときのポジティブな考え方。

新しい土地に行くことを恐れない。移住したいと思ったときのポジティブな考え方。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ef3aefd45f52c64613b3c3c3bbb8d94e_s

わたしは生まれも育ちも東京かつ、10代の終わりごろから全国各地や海外を転々としていたこともあって、新しい土地に住むことに全く抵抗がナイチンゲールです。

でもまわりを見渡すと、新しい土地に行くことがなんだか一大決心かのような、今の場所に住み続けることが当たり前という固定概念にとらわれている人がとても多い‥。

そんなことをたびたび思うので、今回は、移住は思ったよりも簡単だし何も恐れることはない!という筆者の経験を筆者のドクダンとヘンケンを交えて書いてみます。

私はなぜいろんな場所を転々とすることが苦ではないのか

そもそもなぜ私はこんなに各地を転々といるのかというと、正直よくわかりません。思うように生きてたらこうなったという感じ。でもいくつか根拠を考えてみると、

  • 飽きっぽい
  • 俗っぽいのが苦手
  • まわりに知り合いが増えてくると途端に窮屈になって飛び出したくなる
  • 実家も何度か引っ越しをしているし持ち家もなかったので、土地や家に対する愛着心がほとんどない
  • 就職したことがない

こう見てみると、旅に出たり引っ越しを繰り返すことに好都合だし、もともと性にあってるという部分は大きいですね。

そもそもずっと同じ場所で働くことが考えられなくて就職をしなかった一応4大卒のダメな奴ですのでね。

田舎の人は保守的な人が多い

081754

田舎に来て思うことは、みんなその土地に愛着心があって、立派な自分の家もあって、ずっとその土地で暮らしてきているのでその土地以外のことはあまり知らないし、それがもはや日本のスタンダードだと思っているということ。ザッツ保守性。

なので私のような就職もしないでふらふらしていたようなやつは極めて異端。と思われがちなので、私も自分のことはあまり話しませんが、たまに若い人などと話す機会があるととても驚かれます。

東京出身だというだけで神と崇めてくる人もいるくらいです‥。

それで何が言いたいかというと、田舎の人は基本ずっと同じ土地にいることが当たり前なんです。どこか都会に出ても、遅くても50歳くらいまでには田舎に帰ってくる。

親は子供が帰って来るのを見越して家をきれいにリフォームしたり、ソーラーパネル取り付けたりして(電気屋でパートしてた時の経験談。)万全の状態で待ち構えている。わたしからしてみれば、今どきの跡継ぎはいいなあ~と思うこともあるけど、やっぱりそんなことされたら重い~。ぜったい戻らない~。

そんなこんなで田舎の人とはつくづく話が合わないと思ってしまいますが、忘れてた。ぼくちゃんもともと友達いないんだった。

田舎暮らしに向いている人の3つの条件
あなたが田舎暮らしに向いているのかを知るには、一も二もなく 自分を知ること 田舎暮らしとはどういうものかを知ること が...

旅に出る勇気が必要だ

それで何が言いたいかというと、もっと移動することに関してポジティブに考えてみなよお~ということ。

確固たる意志でずっと同じ場所に住み続けている人に対して何も言うことはありませんが、

  • 動きたいけど動けない
  • 「そんなんで世間に認められるの?」
  • 「そのあとどうすんのさ?」

という無駄な考えがある人とは、話すたびに「もったいないな~」「迷ってる暇なんかねえ!」と思います、エブリタイム。

例えば、3.11での原発事故を受けて、今の場所が危険だと判断してすぐに違う土地に住み着いた人はたくさんいます。

でももっと多いのは、心の奥底では「危険かも」と思ってはいるけれどなかなかその状況が認められずに、現状から動けない、動かない人たち。

それは、

  • 仕事を辞めるわけにはいかないから
  • 今まで住み続けた土地を見捨てることはできないから
  • 同じ地域に住んでいる人たちを裏切りたくないから

となんだか自分の本当の奥底に思ってることは置いといて、世間体や謎の保守性が勝ってしまっている。

‥一体何を守っているのさ?

災いは成長のもと?

なにかあったとき、今いる場所から抜け出す勇気も必要です。愛着が執着に変わっていないか?行動できないことを周りのせいにしていないか?自分は本当にそう思っているのか?

問いかけてみてください。

災害に限らず、何か身の上に災いが起こったときには、変化するチャンス。行動するチャンス。自分の頭で考えるチャンス。成長するチャンス。

なんかの歌詞みたいになってますが。笑 ほんとに、そう思います。

変化を恐れず、柔軟に対応していかないと生き残れない時代はすぐそこまで来ているんだ!!!!!(個人比)(←意味不明)

移住してから考えればいい

まったく知らない土地に移住することはほんとに勇気がいることですよね。何からはじめていいのかわからない、今までとは違う人間関係も一から築いていかなくてはならない、仲間からなんて言われるかわからない。不安に思うこともたくさんあると思います。

しかし!私の今までの経験から言うと、考えるのは移住してからでも何とかなる。それどころか移動した分だけアイデアが沸いてくる。これは本当ですよ。合わなければまた違うところに行けばいいし。

だからこそ日ごろからフレッシュな頭と軽快なフットワークを備えておかないといけないんです。

人間ここぞというときは力が出るものだし、自分の思うように動いていれば自然と自分と同じような人が周りに集まっていて、本当の意味での仲間もできるし、何より自分で考えて行動したことは間違いなく、楽しくなっていく!より良い人生につながっていく!これは間違いないです。

風に流されてみる

6f231abc0143740a7ecf8dabb092d499_s

私はずっとふわふわ風に乗って流されてきたので、とかく自分の意思がないとか思われがちですが、それでいいと思っています。人生すべて思い通りに行くことなんてないし、そもそも思い通りに行くと思っているから失敗したとき無駄に落ち込んだりイライラするんだ。

わたしは結婚も適当だし、貧乏でもなんとも思わないし、ポジティブに投げやりな人生です。執着心というものが本当にないのだと思われます。

こんな私を見習えだなんて1ミリも思っちゃいませんが、こんなヤツもいるし、適当でも何とかなっている。そんな風に最後の手段的な人物像としてみていただければ幸いです。

今まで築き上げてきたものが全部なくなっても何てことはない!と思えるようになれば最強。捨てることを恐れていたら前には進めません。

わたしはほんとに何も持っていません。家族だけいればいいと思っています。ほんとに。でもしかしそれが嬉しい楽しい大好き。

ちなみに話はガラリと変わりますが田舎の公営住宅は6畳2間で家賃5000とかも普通にあるので初期費用かけたくないor金銭的に移住をあきらめている人は、まずは公営住宅から始めてみるのがおすすめです◎

参考記事

初めての田舎暮らしに公営住宅をすすめる理由
田舎暮らしを始めようと思ったら、 どの地域に住むか どの家に住むか をまず考えますよね。 住居探しで迷っている人に(とり...

考えるな!

とにかく考えちゃいけません。don’t think.Feel!と、かのブルスリーも言ったじゃないですか。まったくその通り。

やるしかない時もあるんだ!今こそ心を研ぎ澄まして旅に出るのだーーーーーーーー。

by旅人歴10年の主婦

関連記事

住む場所によって人格も変わる!?自分らしい移住先の選び方
自分を変えるためには、住む場所を変えることがいちばん良い方法だということをご存知ですか? もうひとつ、どこに住むかということもとっても...
【閲覧注意】公開!年収150万円での田舎暮らし~我が家の家計をご紹介~
ついに!我が家の家計を発表するときが来ました。 え、だれも待ち望んでいない?ふふ うちははっきり言って貧乏ですが、田舎暮らしだとそん...
ご紹介!楽しみながら田舎暮らしを体験できる3つの方法
「こんなはずじゃなかった……」 田舎に引っ越してから、リアルな田舎に触れて都会にいた頃や想像していた田舎とのギャップに苦しんだ挙句、「もう...

カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする