ハッカ油まき散らしたら家の中に虫が入ってこなくなったーわーい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知の通り、田舎には虫が多いです。

都会みたいに気密性がある家も少ないので、すきまからいとも簡単に虫が入ってこれてしまう!どうすればいいんだ!と心配なアナタへ。

以前、田舎に来てからよく見る虫ランキングを発表しましたが、今回はへんこが実践しているほぼすべての虫を家の中に侵入させにくくする方法を紹介します。

簡単にできて、ゴキブリをはじめ、ムカデ・カメムシ・アリetc‥の家への侵入を防ぎ、普通よりは快適な田舎ライフが送れるということを今年の夏で実践しましたので、田舎に住んだ暁にはぜひあなたも試してくださいね!

材料はハッカ油だけ!スプレーは作らなくてOK

よく巷では、ハッカ油スプレーを作るといいと書いてあって私もはじめはスプレーを作ろうとしていました。

が、スプレーを作るのに必要な精製水や無水エタノールったら、はっきり言って、高い。しかもほかに使い道がなくこれだけのために買うのも、月収12万ちっぽの我が家にはきついのです。まじめに。

というわけで私は考えた。

つまり何とかなるだろうという考えを導き出し、ハッカ油だけを買うことにしたのです。これが‥なんと‥

大正解

スプレーなんぞ作らずとも十分であるというのが私の勝手な結論です。

虫撃退!ハッカ油の使い方

使い方はというと、とても簡単!

  • 虫が入ってきそうな進入路に直接、数滴まき散らす
  • 掃除のとき、濡らした雑巾に数滴たらして拭く(またはバケツの水の中に数滴たらしてその水で雑巾を絞って拭く)
  • アロマランプやディフューザーがあれば、アロマとして使用する

こんなところです。

私の場合は日中玄関を開けっぱなしにしていることがよくあるので、ホームセンターなどで売っている玄関用の網戸を設置して、その網戸に向かって中からハッカ油エイエイッとまき散らしています。

水で薄めてスプレーにしてもいいかもしれませんね。

それすらめんどくさい私は断然 直 播 派 。  
そして床を水拭きする時にも必ずハッカ油を雑巾にしみ込ませています。

するとどうでしょう‥!これだけで今年の夏、ゴキブリもムカデも見ていません

一番嫌いなカメムシはまだシーズンこれからなので試せていませんが、どうやらカメムシもこのハッカのニオイが苦手のようなので秋まで継続してハッカ油を使い続けてみようと思います。

注意点

こんなに便利なハッカ油にも注意点はあります。どんなことかというと、

ポリスチレン製のものは溶かす

例えば網戸に撒こうとしたときに、網戸がプラスチック製のものであれば要注意。ポリプロピレン、ポリエチレンなら大丈夫なようですが、ポリスチレン製のものだと溶かしてしまうようなので事前に確認しておいたほうが良さそうです。

名前の区別がわかりにくいので、私は気にしないことにしています。必殺、知らないふり。

ペット(特に猫や小動物)には有毒な場合もある

ペットにはなるべく近づけないように注意しましょう。

小さな子供や妊婦さんは、肌につけたり近くでにおいを嗅がないほうが良い

小さな子供さんがいる場合や妊婦さん、肌が弱い方には刺激が強すぎてよろしくないようなので、この場合はスプレーを作ったほうが安全です。

スプレーを作る場合には、先ほどのポリスチレン製の容器はさけるようにしてくださいね。

まとめ

というわけでハッカ油は虫の侵入を防ぐのにとっても効果的というお話でした。

ポイントは、

  • スプレーを作らなくてもOK
  • ただ撒いたり、掃除のときに使ったり、アロマとして使ったり使い方はお好みで。
  • ポリスチレン製のものへの使用、ペット、お子さんや妊婦さんは取り扱い要注意

田舎は真冬以外は虫が多いので、こういうものでガードしておくと気分的にも楽です。

秋にはカメムシ対策にも使ってみようと思います!

 
 
(追記)
11月にカメムシが頻出するようになったのでハッカ油を使ってみた結果。
→少しは家に入ってくる率が減った気がする。
 
しかし、暑い時以外にハッカ油を使うことに問題あり。
→さむい。
 
なんかスースーするし、寒い時は生理的にハッカの匂いを欲してない感じなので、ハッカ油はやっぱり夏限定かな〜と思ったへんこでした。
 
カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする