移住のこと

もうすぐ田舎暮らし4年にしてわかったこと

やっほー

お客さんが一人もいないプールの監視員をしながら産後2度目のパートデビューを楽しんでいるへんこです。

 

今日はプールを眺めながらプール横のベンチで書きます。楽しい。

田舎よありがとう。

田舎暮らしも早4年くらいになりました

なんやかんやで島根にきてもうすぐ4年。

もともと人間があまり好きでなく人付き合いも苦手な私は、人間関係が濃密な田舎暮らしは向いてないと思っていました。

 

ところが、しばらく住んでみたらデメリットと同じくらい(同じくらいってところがみそ笑)田舎にもいいところはたくさんありました。

 

例えば、警察とかハローワークの人とか、なんか都会では融通のきかなそうな職業の人たち(失礼だ)でも人情があって、仕事!って感じじゃなく1人の人間として向き合ってくれる感じとか。

人が、人らしいというか。笑

 

これって田舎暮らしの最初に抱くイメージじゃないですか?

田舎=人情味あふれる みたいな。

田舎暮らしは人が好きならうまくいく

あなたが都会の忙しい生活に疲れて、田舎暮らししよっかな〜と思ったとします。

で、インターネットで調べたら田舎は人間関係がめんどくさそうだということが判明するとするじゃないですか。

 

でもですね、田舎のこのめんどくささとかやっていきにくさというのは、人嫌いってことが原因なんだと思うんです。

人間が好きな人ならまず田舎暮らしってうまくいきます。

都会に住んでいた人でも、だれにでもオープンな人は田舎でもうまくやっていけるし、好かれる。

 

 

実際に、東京から愛媛の離島に移り住んだ私の妹夫婦は人懐っこくてオープンな人たちなんですが、近所の人たちに可愛がられながらも自分たちらしく楽しくやっているのです。

 

では、私みたいなあまり人間が好きじゃない人はどうなのかというと、「それでもまあなんとかやっていける」もんです。

田舎暮らしに向いてない人でも、慣れる

結局は人間「慣れる」生き物なんですよね。

こんな私でも4年近く田舎に住んでいて田舎の嫌なところもたくさん見てきて、でもその反面、いいところもたくさん見えてきたんです。

それは、最初に書いたような田舎特有のゆるさ、人の温かさです。

 

つまり、みんなが最初に抱くような田舎のイメージそのものだったんです〜

 

結局は普通に暮らしていれば、当たり前ですがみんな顔を覚えてくれるし親近感もお互い湧いてきて馴染んでくるし、田舎スタンダードが自分スタンダードになってきます。

仕事は3年続けろみたいな感じで、田舎暮らしもとりあえず3年続ければ慣れると。

 

忍耐力と責任感がないことに関してかなり自信があるへんこですが、4年も田舎に住み続けることができていてしかもナチュラルに馴染んできているというのは結構すごいことだと思ったりします。

田舎暮らしで最低限やるべきこと

とりあえず

  • 挨拶をする
  • 周りに迷惑かかることはしない(騒音・悪臭とか)

くらいの当たり前のことができれば田舎暮らしなんて楽勝ですよ。(いきなり強気)

 

普段から最低限のコミュニケーションさえ取れていれば、そう村八分にされたりすることはないのでご安心を。

そして「田舎にも都会にもメリットデメリットは同じようにあるはず」という広い心で、田舎のいいところがわかるまでは住んでみていいかなと思うんです。

それでも無理って思ったら、きっとその土地が合ってないということなので違う土地に引っ越しましょう。

 

自分らしくいられる場所って本当にあるんですよ!(全国を転々とした私の経験)

 

なので移住先選びだけちゃんと頑張れば、あとは楽勝。(強気vol.2)

田舎暮らし、しようよ!

というわけで私は最近、田舎暮らしもいいもんだ〜と思ったりしています。

子供がいるから都会は無理っていうのもあるんですけど。

 

さあ、きみも田舎においでよ♡(いきなり馴れ馴れしい)

 

でもまあ、田舎に慣れることがいいことってわけでもないし、結局はみんな好きに生きればいいと思います。

へんこだっていつ何が起きて島根が嫌いになって他の場所に行くかもわからないし、人間どこでだって生きていけるんだから。

狭い世界で苦しむくらいなら、身軽にシュ〜って移動してどこへでも行っちゃうのがへんこ的粋な生き方なので、田舎も都会も関係なく好きなように生きよう。

 

あれ〜、なんだこの結末〜。

 

http://xn--ing-7s1h426c.com/how-to-choose/