ゴキブリだけじゃない!田舎でよく出くわす虫6選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田舎は虫の宝庫です♡(ハート?)

へんこは虫がそんなに苦手ではありませんが、虫が嫌いだからという理由で田舎暮らしを躊躇しているという人の話もちょいちょい聞きます。

今回は、日常生活において有害(個人比)だと思う虫をいくつかピックアップして見たいと思います。

蚊。誰もが知ってる身近な虫で都会でも普通にいますよね。

田舎では、窓をあけてるとすぐに蚊が入ってきます。うちの旦那はとにかく蚊が嫌いで、蚊取り線香アースジェットを常に携帯しています。

家の中では、そういうものは子供がいるのでやめてほしいのですが、聞いてくれません。泣。

蚊から身を守る方法

田舎は木や草が多いので蚊が多いのは仕方のないことなんですが、ちょっと注意することで遭遇率を減らしたり家への侵入を防ぐことが「ある程度は」できます。

水を溜めない

玄関前とかお庭とかに、使ってない植木鉢や洗車グッズが入ったバケツなどを置いていませんか?

そういうものに雨がたまると、そこにボウフラが湧いてとんでもない数の蚊が出てきます。ついこないだの我が家です。写真取っておけばよかったと思うほどびっくりな数でした。

なんか蚊が多いなあ、と思ったら、近くにわずかでも水たまりがないかをまず疑ってみてください。

メダカを飼う

うちはお庭にメダカを飼っているんですが、メダカ鉢にはボウフラが湧きません。メダカが食べてくれます。

アロマオイルやハッカ油を使う

へんこは今年、蚊が苦手なユーカリレモンやシトロネラ、レモングラスのオイルなどを使ってアロマオイルのスプレーを作りました。なかなか効果があったように思います。何より子供に使うものには自然なものがいいので、市販のものはなるべく避けたいわ♡お母さん。

ユーカリレモンとかは効果も大きいのですが結構刺激がきつい香りなので、同じく虫除けに効果のあるゼラニウムやラベンダーを入れて自分好みの香りにすると、アロマとしても楽しめます。

ハッカ油については↓の記事にて。

ハッカ油まき散らしたら家の中に虫が入ってこなくなったーわーい
ご存知の通り、田舎には虫が多いです。 都会みたいに気密性がある家も少ないので、すきまからいとも簡単に虫が入ってこれてしまう!どうすればいい...

9月の蚊にご用心

蚊といえば夏の虫って感じですが、蚊は9月でも10月でもいるので油断は禁物です。9月は特に気温がちょうどいいみたいで、庭に行くと真夏よりも盛大に刺されるへんこです。

あと、主に屋内にいる薄茶色っぽい「イエカ」と言う種類の蚊はへんこ的にはあまり蚊っぽくない風貌&飛び方をするので、うっかり逃してしまいがち。私だけか?蚊と言うとあのシマシマの黒っぽいやつのイメージなので。

ナメクジ

ナメクジって外にいるイメージじゃないですか。ガーデニングとか畑をしている時に「害虫」と呼ばれることはありますけど、へんこの家は普通に家の中でしょっちゅうナメクジに出くわします。特に夜中。台所に6匹くらいいます。(昨日の話)

しかもこないだお風呂掃除をしていたら、シャンプーとかを置いてる台の柱に空洞があるんですけどそこにナメクジのウ○チがびっしり詰まってまして。軽くのけぞりました。

結構ナメクジって不快害虫だなとこっちにきてから思うようになったへんこです。

アリ

アリもうちに住み着いている虫の1つです。

特にうちは小さい子供がいるので床にバンバン食べこぼしを落とすじゃないですか。それをさっさと片付けないと、アリンコまみれになります。

しかも結構高いところにも普通にいてラックの上(推定高さ1m50cm)のハチミツとかカツオ節とかにまでたかっていて、食べ物がよくダメになります。

アブ

アブって知ってますか?

2センチくらいのセミのような形をした蜂みたいな模様のハエみたいにブーンと音を立てて飛ぶ虫です。

あぶ

へんこは東京にいる間「アブ」なんて見たことも聞いたこともなかったので、こっちではじめてアブに遭遇した時は「ハエでけえ!」とか言ってました。ハエじゃないし。

まず刺されるとかなり痛がゆく、直径4センチくらいポコッと膨らんで腫れます。1週間くらい腫れが治らなかったりするもんだからほんとやっかいです。

そして飛ぶ音がうるさい!

ムカデ

びっくり

ムカデは特に湿度が高くて暗い場所に多いです。

へんこが住んでいるのはどちらかといえば寒冷地に近いんですが、梅雨時とかのジメジメした気候の時にたまに見かけます。茅ぶきの家では上から落っこちてきたりする(旦那の実家)みたいなので昔ながらの茅葺の家に住もうと思ってる人は注意してくださいね~!

あと、木のおがくずなどがたくさんあるような場所にも多いらしいのでその近くの家は避けた方が無難です。

ムカデは毒があるので刺されないように気をつけなくてはいけませんが、実はゴキブリを食べてくれるというメリットもあるので、ムカデがいる家はゴキブリがいなかったりします。

そういえば旦那の実家にいた猫もムカデを捕まえて食べていたので、ムカデ対策には猫もいいのかも。

カメムシ

もうこれはね。今この記事を書いてるこの瞬間にもカメムシ君が近くにいます。

カメムシの困ったところはとにかく臭いことですよね。間違ってつぶしてしまった日にゃあもう。

まあ臭いのは誰でも知ってると思うんですが、田舎に来て思ったのはとにかくカメムシが多い!!!!ほんと多いです。

kamemusi

特に11月ごろ外が寒くなってくると、彼らは越冬のため家の中に入ってきて服のポケットの中や靴の中に忍び込みます。もうおわかりいただけたと思いますが、この時期は毎日服を着る前のカメムシcheckを怠れません!

間違ってカメムシがついたまま服をきてカメムシを刺激しようもんならその日は一日カメムシ臭にさいなまれます。まじです。

あとは服についてるのに気づかず洗濯機に一緒に入れてしまったり、食器を洗っているときに臭いがしたと思ったらおもむろにお皿の間からノコノコでてきたり、彼らはどこに潜んでいるかわからないのです。恐怖。

そして、ぶじに越冬した彼らは春の訪れとともにどこからともなく出てきます。なので4月ごろにもよく遭遇します

カメムシ……1年に何回その臭いをかぐのだろう……

カメムシの正しい駆除の仕方

ゴキブリでも蚊でも大体の虫は叩き潰してしまえばいいのですが、カメムシだけは絶対潰したらダメです。あと、殺虫スプレーやアルコールスプレーをかけるなんてのもやめましょう。意味ないどころか、強烈な臭いを放ってきます。。

ガムテープに貼り付けて密閉する

カメムシは、そんなにすばしっこくないので捕まえるのは簡単です。カメムシにガムテープを貼り付けて、密閉してポイしましょう。田舎でガムテープが一番輝く瞬間です。

ありがとうガムテープ。

あ、紙のやつよりも布の方がオススメです。粘着力が高い方が、失敗しにくいので。

ビンやペットボトルに入れて密閉する

いらないビンやペットボトルにすこーしだけ灯油を入れて(灯油でなくてもカメムシが瞬殺するようなものであればなんでも可)、その中にカメムシを落とします。ふちをカメムシの方に当てると簡単に落ちてくれます。※手で触ってはいけません

そしてしっかり蓋をして保存(?)しておきましょう。

結構田舎の家には、このカメムシ用ビン(ペットボトル)が常備してある家が多いです。

まとめ

都会にいるときは特に害を感じなかった虫が、田舎で日常生活と密着すると途端に害になるという。

でもこの中で特に怖いのはやっぱりムカデとカメムシですかね。

虫が嫌いだけど田舎暮らしをしようとしている人は蚊帳が必須です。寝ている間は虫に対抗できないし、ムカデなんかは刺されたら大変です。痛いし。眠いのに起こされたくないし。毒あるし。

蚊帳を買うときは、絶っ対に底生地がついているのをオススメします。底がないのは蚊は防げるかもしれませんが、ムカデやゴキブリは下から入ってくるので底がない蚊帳は意味がないです。

殺虫剤よりも、物理的に虫から守ってくれる蚊帳は田舎では必須ですよ〜。

 
 
こんな虫もいるよ。
 
君はクロシデムシという虫を見たことがあるかい?田舎にでるムシの種類は無限大。
ある秋の夜長。というか3日くらい前。 家の中でしりしりしりしりしりとなんだか素敵な音が聞こえてくるではないか。ちょっと振り返ってみる・...
カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする