田舎の買い物は宅配生協とクレジットカードがあればなんとかなる【田舎の買い物事情】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〜前置き〜

この記事は、

  • これから田舎に引っ越す予定
  • 田舎に引っ越して買い物の不便さに絶望している

というあなたに向けて書いています。

〜前置き終わり〜

この不便な田舎におきまして。

最近、自分なりに田舎での買い物の感覚がつかめてきました。(by田舎暮らし5年目の主婦)

って遅いだろ。田舎暮らしに適応するのに何年かかってんだオメー!

という声が聞こえてきそうですが、都会から田舎に来るのであればこのくらいゆったりのんびりした気持ちで田舎に適応していかないと、すぐに田舎のばか!もうわたしは出て行きます。ってなってしまうので、短気は良くないのですよホッホー。

というわけで、今日は我が家を例に田舎暮らしの買い物事情について書いてみたいと思います。

ざっくりいうと、私へんこ家族のお買い物in田舎では

  • 食品はほとんど生協
  • 子供服、子供用品、家電その他必要なものはほとんどネット

と、家まで届けてもらうスタイルが8割を占めております。

田舎での買い物スタイルは十人十色

自分のことを話す前に、田舎の一般的な買い物スタイルを紹介しま〜す。

地元ラブスタイル

じいちゃんばあちゃんは昔ながらの小さい商店や電気やさんまでちょっちょっと車を走らせて、その地域にあるものだけを買う。

車や大型家電も基本地元で、大手企業の参入や格安商品などには目もくれない。

たまに都会de買い物スタイル

週末に車で1〜2時間くらい走って街に出て、食品から何からを1度にどっと買うスタイル。

コストコとかで安いもの狙いで行くには良くて結構これやってる人も多いですが、小さい子供とかいると買い物に退屈してグズりだすのでゆっくり買い物できずチーンてなるのでうちはできません・・・。

地元&ネットのコラボスタイル

食品や日用品は地元で買って、足りないものはインターネットでぽち!という感じです。

インターネット便利〜♡我が家はこのスタイルに近い感じでやってます。

小さい赤子がいるので本来なら食品もネットスーパーを利用したいところですが、なんと。

なんと・・・

へんこが住んでいる田舎でネットスーパーは通用しなかった。

それについての詳細は後述します。

宅配生協(コープ)が便利すぎる

というわけで、我が家の食品の買い物は1年くらい前からほぼ生協でして、最初はなんの気なくお試しな感じで利用してたんですが、初めてみたらもう手放せなくなってしまった。

わたしは生協を見限っていた。すまない・・・

何がいいってね。

余計なものを買わなくて済む

スーパー行くと、買おうと思ってたもの以外のものを買ってしまうじゃないですか。

その率なんと100%。(へんこ比)

まあたまたま安売りしてたお肉とか野菜とかならいいですよ。

いけないのは、自分のおやつ。

へんこはスーパーのレジ打ちが趣味でして結婚前はよくスーパーでバイトしてたんですが、主婦がね。なんか、せんべいとか2割引の菓子パンとか「それ、自分で食うだろ」ってもんを買って行くんですよ。こたつのお供的な。

それをいつも「あー、家計やりくりしてるとか言って自分はこんなもん毎日食べてるのね〜わたしはこうはなりたくないわ〜ぽっちゃりしたくないわ〜」とか、思ってました。

しかし。

主婦になった今。

わかる!わかるよ、今なら、そうだよね、あんたいつも頑張ってんだよね、タダ働きしてんだよね毎日、家族のために。しかも家にいるとお腹すくしね、なんでだろうねアレは。

とか言いながら、今ならレジ打ちながら馴れ馴れしく話しかけられるわよ。

自分が買い物をする立場になった今、「見ると買っちゃう」っていうのを身にしみて実感してるわけです。

その点、生協は1週間ごとの注文なので、チラシを見てこれ食べたい!と思っても「今はない」ということから、セーブできるんですよー!!!あ、ちょっと金額超えちゃうから、我慢しよ。って、な る ん で す。

食費管理がラク

最近は、上記の理由+小さい赤子がいることからほとんどの食料を生協で買うことにしているへんこなんですが、「1回の注文◯◯円まで」とか「お米を買うときは〇〇円まで」とか決めてるんですけど、これが余計なものを買わないのに一役かっているのです。

スーパーとかで毎日ちょいちょい買い物してると、余計なものを買ってる感がなくて、気づけば結構な金額いってたりする。しかもレシート集めて家計簿管理とかめんどくさい。

生協なら

  • 毎週伝票を渡してくれるので家計簿もラク
  • 1週間分まとめて買うものを確認することによって余計なお金を使わない

ダブルでいいじゃん、ってなるんですよね〜。

ガソリン代と時間の節約になる

田舎では、スーパーが近くにありません。

近くのスーパーやコンビニまで片道20キロとか普通なので、その分かかって来るのがガソリン代。ついでにいうと、移動に使う無駄とも言える時間。

だので、家まで毎週届けてくれる生協は車を持っていても、利用しない手はない。

質のいいものも選べる

都会のスーパーと違って、田舎のスーパーは

  • いつも同じものしか売ってない
  • 品数が少なくてこちらが欲してるものが売ってない(例:ナンプラー、オーガニックエクストラバージンオリーブオイルetc)

ということがあります。

その度に片道50キロ走ってイオンまで行くなんて・・・それこそガソリン代と時間の無駄ですよねー。

その点、生協ではいろんなカタログがあって(お取り寄せグルメ・お年寄り用・ちょっとハイソな人用・子育て中の人用など)(※私が勝手に思ってる分類です)いろんな商品の取り扱いがあるので、好みのものを選べます。

へんこのお気に入りは、

  • 抗生剤無投与の鶏肉
  • 骨取り魚(産地が都道府県まで明確)
  • 有機栽培の野菜→特に小松菜
  • 農薬や消毒を限りなく減らしている果物→特にバナナ

などなど。

中でも、骨取り魚は子供がいたら必須!骨があるだけで食べないもんね・・・

ただ、当たり前だけど、多数の工程を経ている分鮮度がちょっと悪くてたまにパッサパサなのがある笑。

そんな感じで、田舎のスーパーではゲットできないものを取り扱ってくれているので便利なのです。

ネットスーパーが使えない!

去年、イオンのネットスーパーに登録したんですよ。

そこで、お肉を買おうと思って買い物かごに入れたところ。

詳しくは忘れましたが、要するに「お客様の地域には消費期限の関係で生鮮品を届けることができません」的な内容のことを言い渡されまして・・・

へんこ衝撃の冬2016〜木枯らしとともに〜

って感じでしたよ。

この不便な田舎に置いてネットスーパーまで使えないとはね・・・

でもこれはへんこが住んでいる地域だけのことかもしれないので、田舎=ネットスーパーダメってわけではないので要確認。してね。

へんこはその時点でもうネットスーパーは諦めて、生協に乗り換えたのでした。

生協は生鮮品は基本冷凍なのでなんぼでも買えるし、田舎の生協はローカルなのでこちらの声も届きやすいのがよい♡

生協のデメリット

もちろんデメリットもあります。

チラシを見るのが面倒くさい

めんどくさいっていうか、1週間分見るのって意外と時間かかるしいっぺんにやろうとするとなんか構えちゃってなかなかやらないんですよね。

へんこの勤めている会社の奥さんもすごく忙しい人で、生協に加入はしてるけど選ぶ時間がなくて毎週結局何も注文せずじまいだそうです。

忙しすぎる人には向いてないかも。

ちなみに最初に登録さえすればネットでも注文できるので、私は最近はもっぱらスマホから注文しています。子供がいたらチラシとかめちゃくちゃにされるし、ゆっくり広げて見るなんてことはまずできません。。

1週間分の予定を立てるのが大変

最初は1週間分てどれくらいだろうって感じで、

4000円くらい頼むんだけど、週の半分くらいで尽きて結局スーパーに買い物に行くということを2ヶ月ほど繰り返し。

でもこれは慣れれば、どのくらい頼めば1週間持つかはわかってくるので大丈夫。

毎週同じ商品を取り扱っているわけではない

この商品気に入った!また頼みたい!と思った時に、その週のチラシにも載っているとは限らないんです。

たま〜に載っているものからほぼ毎週載ってるものまで色々ありますが、よ〜く見るとチラシに「次回はいつ」というのが書いてあるので、これも慣れれば計算して買えるようになります。

勧誘がしつこい

生協ってわりと営業熱心のようです。

わたし自身は生協に加入するつもりで資料請求したのでそんなに迷惑には感じなかったのですが、資料請求したその次の日、いきなり生協の営業の人から電話がかかってきて、「今週中に伺います」的なことを言われ、早速家に来てもらうともう加入前提でサンプルを渡されたり、申込書もその場で書かされることになったのでびっくり。

しかもついでに医療保険もゴリ押しされ危うく加入させられるところでしたよ。

色々比較しようと思って資料請求した人にとっては迷惑かと・・・

だので、生半可な気持ちで資料請求してはいけません。笑

ここまでのまとめ:田舎で生協は超便利!

田舎に住むとネットショッピングが頻発するのでクレジットカードは必携

田舎に来て、楽天とかアマゾンの買い物ページを見る回数が都会にいた時と比べて13倍(推測)にも昇るという結果になっております私はへんこです。

で、田舎に来て思ったんですが。

いらないクレジットカードは解約しよう

私が独身時代に持っていたパルコカードや丸井カードなど、主に洋服を買うのに使っていたカードが全く役に立たない。使う機会が皆無です。

それどころか、使わず放置しておいたら不 正 利 用されました・・・STOP 不正。

確かTカードも使ってないのに請求が来て、結局昔持っていたクレジットカードは全て解約しましたよ。再発行してもらえばいいのかもしれないけどどうせ使わないし、また不正利用されても返ってこなかったらヤダじゃん!!!

というわけで、いらんカードは今すぐさようなら。

田舎暮らしにあるといいのはイオンカードと楽天カード

田舎暮らしにおいては、イオンカードと楽天カードを持っていれば日常生活にはこと足りるでしょう。

イオンカード

田舎といえばイオン。大きいショッピングモールといえばイオン。

我が家は最寄りのイオンまで片道50キロあるんですが、それでも一番近いのがイオン。

というわけで、実店舗でも使えるので、とりあえずイオンカード持っておけばオッケー、いい感じ〜♡

楽天カード

へんこは楽天での買い物が多いので楽天カードですが、ヤフーが多ければヤフーのカード、アマゾンが多ければアマゾンのカードという感じでいいと思います。

ポイントの貯まりやすさが違うので、自分のひいきにしているところのカードを持つのがベストです。

なぜクレジットカードなのか

実際、クレジットカードがなくてもネットショッピングはできますが、代引きは手数料がかかるからもったいない。

これは田舎じゃなくても同じことですね。

問題は銀行振込。

田舎はコンビニも郵便局も銀行も近くにあるとは限らないのです〜振り込むまでに時間かかるじゃん〜届くの遅くなるじゃん〜雪とか降ってたらなおさら外出めんどいじゃん〜ってなるので、やっぱりクレジットカード決算が一番。

その他にもペイジーだとか銀聯カードとかの決算方法があれば無問題ですが、やっぱり万能なのはクレジットカードぅ!

ここまでのまとめ:田舎ではイオンカードと楽天カードがあると便利

まとめ

いま田舎に住んでいて都会とのギャップで買い物を煩わしく感じているなら、生協とクレジットカードさえあれば普通に買い物できるよ!

という内容でお届けしました。

ちなみに、今日書いた生協というのは各都道府県ごとの生協、例えばうちで言ったら「生協しまね」のことであり、ほかにもコープデリ、おうちコープ、パルシステムなどあるみたいですが首都圏近辺が配達エリアとのことでうちには関係ないため、ここには書いてません。【自分勝手】

あ。

・・・

あと、ネット環境も大事だった。これがないとネットショッピングもくそもないじゃないか。

今日はもう頑張った感でいっぱいなので、これについてはまた今度。ははははさようなら〜

全然まとめになってなーい

カテゴリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする